下肢静脈瘤を放置すると

下肢静脈瘤は専門のクリニックが少ない為に、かかりつけの医院では「まだ軽いから大丈夫。」「しばらく様子を見ましょう」等と言われてしまう事も多いようです。

 

確かに下肢静脈瘤はがんなどとは異なり、今すぐ命を落とす悪性の病気ではありません。

 

しかし症状が進行するにつれて足全体の血行が悪くなり、しまいには皮膚が黒ずんできて皮膚が壊死(潰瘍といいます)してしまう場合もあります。

 

そのように重症化している患者様の場合は簡単にレーザーで治療する訳にもいかなくなり、完治が難しくなる場合もあります。そうならないためにも

 

・すでに皮膚の変色がある方

・小さな潰瘍が出てきている方

・足に腫れや痛みを感じる方

・他の医師から下肢静脈瘤と診断されている方

 

そのような症状をお持ちの方は当院に限らず早めに専門のクリニックを受診しておく事をお勧めします。

下肢静脈瘤は治療すれば治る病気ですが、様子を見ていても決して治る事はなく、症状はどんどん進行していきます。

下肢静脈瘤の治療は早期発見、早期治療が大切です。