下肢静脈瘤と思ったら?

 

下肢静脈瘤は40代以上の方の8.9%がなってしまう非常に多い病気の一つです。

 

しかし下肢静脈瘤は決してそのままで治る病気ではありません。一度静脈が壊れると、どんどん状態が悪くなっていきますので、早めのお治療が必要です。

 

レーザー治療であれば日帰りで治療が可能なので心配はありません。

しかし発見、治療が遅れると、レーザーやお注射では治療が難しく、入院の上で手術をするしかない場合もございます。

 

そうならない為にも、まずは専門のクリニックを受診する事が大切です。

検査は痛みのない簡単な超音波検査で終わります。

下肢静脈瘤の治療には早期発見、早期治療がとても大切な事になります。

下肢静脈瘤の検査

下肢静脈瘤の検査は痛みのないエコー検査で行います。

 

検査時間は10分程度で、痛みも全くない安全な検査です。検査の結果、どのような治療が適切かどうか決めていきます。

 

下肢静脈瘤のそれ程悪化してなければ、簡単な方法でお治療する事ができますので、なるべく早めに専門のクリニックで検査を受けられると良いでしょう。