下肢静脈瘤の硬化療法(注射)治療

超音波検査の結果、伏在静脈に逆流がなく、血管のボコボコもそれほどではない軽度のクモの巣状の下肢静脈瘤の場合はポリドカノール注射による硬化療法が可能です。

 

 

硬化療法とは血管の中にポリドカノールというお薬を注射して、その後包帯で患部を圧迫していく事で、気になっている血管を閉鎖します。注射だけでの簡単なお治療なので、その日にすぐ治療ができ、治療後の生活の制限もほとんどありませんし、すぐに社会復帰が可能です。

 

 

しかしすでに伏在静脈の逆流があったり、症状が進んでしまった下肢静脈瘤の場合は、同時に血管内レーザー治療や外科手術を行わないと、治療しても再発してしまったり、効果が見られない場合があります。そうならない為にもなるべく早めに専門のクリニックを受診して治療をお受けになる事をお勧めします。

 

硬化療法は当日のお治療が可能で全て健康保険でお治療が可能ですので、必ず健康保険証をお持ち下さい。