下肢静脈瘤の検査

下肢静脈瘤の診断を行う上で重要なのが足の超音波検査です。

 

足をめくって頂き超音波エコーを上から当てて、下肢静脈瘤の状態を検査します。そして血管の内部の状態、静脈に逆流があるかどうか?手術、レーザー治療、注射による効果療法など、どの治療法が患者様に適しているかを詳しく調べていきます。

 

検査時間は10分程度で、体に全く負担がかからない検査です。痛みもありませんので、どうぞご安心ください。

 

検査結果はすぐにわかりますので、医師と共に超音波画像を見ながら、ご自分の足の状態を知ることができます。

 

超音波検査は、初診時の他、レーザー治療前の手術部位の確認や治療後の定期検診時にも行っていきます。

 

その他、治療内容や患者様の健康状態にあわせて心電図検査、血液検査、血管造影検査も合わせて行っていきます。